ブログ

乱視用コンタクトのサイドマーク
2022.5.24|ブログ

皆さま こんにちは。
ゴールデンウィークも終わり、初夏の風もすがすがしい季節になりました。
いかがお過ごしでしょうか??
スタッフの319です。

 

 

今回は、乱視用コンタクトレンズのガイドマークについてお話ししたいと思います。

乱視用コンタクトレンズをお使いの皆様は、このガイドマークご存知でしたか??

 

ほんの少し縦線が1本入っていたり、2本入っていたり、OKと書いていたり、

コンタクトレンズの種類によってガイドマークのデザインは様々です。

このガイドマークが下方向や左右など、決まった場所に来ると、

乱視の軸が安定し視力も安定します。

 

もし、ガイドマークが見えない!とお困りでも心配は要りません。
ほとんどの種類が、何回か瞬きをすると自然にその場所にくるように設計されています。
乱視用のコンタクトレンズをお使いの方は、ぜひ一度確認してみて下さいね。

 

 

学校検診について
2022.4.26|ブログ

皆様、こんにちは。

4月に入り寒暖の差もありましたが、あたたかい日が増えてきて、気持ちの良い春の季節となってきましたね。

学生の皆様や新社会人の皆様など、新生活がスタートされた方も新しい環境に少しずつ慣れてこられたでしょうか。

 

学童期のお子様をお持ちのご家庭では、学校で視力検査が行われ、学校検診の用紙を持って帰ってこられた方もおられるかと思います。

我が家でも娘がもらってきましたので、早速検査をしてもらい新しい眼鏡の処方をしてもらいました。

普段眼鏡なしでも生活できるからと授業中だけ眼鏡をかけていたからか、ゲームや読書のしすぎなのか、はたまた他の要因なのか…、

残念ながら近視がすすんでおり、新しい度数の眼鏡にするとともに生活態度も改善、注意していかねばと思っているところです。

見えにくい状態をそのままにしておくと、筋肉がこり固まって余計近視化してしまったり、

眉間にしわを寄せて見るため顔つきが悪くなってしまう可能性もあります。

 

当院でも学校検診の用紙を持ってきていただきましたら、必要に応じた検査、眼鏡の処方もいたします。

眼鏡の処方の際には、度数を合わせた眼鏡で気持ちが悪くならないか、

10分ほど待ち合い室で試して様子をみていただく必要があります。

予約制ではありませんので直接ご来院いただけますが、眼鏡合わせにお時間がかかることもありますので、

受付終了時間(診療時間の30分前)ギリギリではなく、少しお時間に余裕をもってきていただけると助かります。

もしお子様が、学校検診にて「視力低下・要精密検査」となってしまったら、

トラブルに気がつく機会をもらったと思い、放置せずに早めに受診し、今の眼の状態を知りしっかりとケアしてあげてくださいね。

スタッフ712

春ですね
2022.3.29|ブログ

春がやってきました。
プロ野球が開幕し我が家では怒号の飛び交う中での生活の始まりでもあります。

今年こそは平穏に過ごしたいと息子と顔を見合わせ思っています。
とはいえ、やはり春といえばお花見ですね。
桜の開花もはじまり見頃も近づき皆様も楽しみにされていることでしょう。
いまだコロナに悩まされる日々が続いてはいますが密にならないよう対策しながら春を感じていただきたいものです。

さて、4月は新年度ということもあり何か新しいことに挑戦したり環境が変わったりすることで気持ちが高ぶってしまいますよね。
私個人的には変わらない日常ですがそれでも春になると今までの自分より少しでも成長したい、前向きでありたいと思うものです。

クリニックには毎日多くの患者様が来院されます。
当たり前ではありますが心がけていること
そしてスタッフ自慢を少しさせていただきます(笑)

クリニックを清潔に保つことは
患者様に気持ち良く検査、診察を受けていただくために重要なことの1つです。
スタッフ一人一人が意識して毎日丁寧に清掃します。
誰1人怠らず来院される方々に不快な思いをさせないようにと声をかけあって取り組んでいます。

診療につきましては受付の問診からはじまり、コミュニケーションをとりながら検査をすすめ、

診察後の患者様へのお声がけや薬の説明などスタッフが協力し丁寧に対応すること、

患者様の声をしっかりきくということを大切にしています。

1人ではできないことも助け合いながら患者様に安心していただけるようなクリニックを目指しています。
これからも信頼できる仲間とチームワークを高めながら前に進んで行きたいと思っています。

〈お知らせ〉
春休みは大変混み合っていることが多いです。
初めてのコンタクトの方も来られますので普段よりお待たせすることがあるかと思いますが何卒ご了承下さいませ。

スタッフ 106

保険証紛失の再発行について
2022.2.25|ブログ

皆様、こんにちは。スタッフ220です。寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってきましたね。

みなさま、いかがお過ごしですか。

先日、朝早くに、母から電話がありました。前日の夕方に、内科を受診し、その後、保険証、高齢者受給者証、

診察券の一式を紛失してしまったと…。どうやら、駐車場で落としたかもしれないとのこと。

どこを探してもなく、内科、調剤薬局に、もしかしたら届いてるかもと思い、電話をかけてみましたが、届いていませんでした。

仕方なく、交番に電話をかけ、電話で紛失届を出しました。

その後、市役所へ行き、保険証、高齢者受給者証の再発行手続きをしに行きました。その場ですぐに再発行していただけました。

※ 国民健康保険の方は、今、お住まいの市役所で手続きが必要です。

※ 社会保険証の方は、勤務先を通して、手続きが必要です。

※ ご参考程度に…。

生駒市役所の場合は、保険証の再発行は、即日発行希望であれば、市役所の窓口へ行く必要があります。

郵送での申請も可能です。保険証を紛失したり、破れて使えなくなったりした時も、再発行できます。

本人に代わりご家族様が、申請することもできます。

(窓口での申請に必要なもの)

・本人確認できるもの(本人に代わり申請される場合は、申請者の本人確認できるものも必要です。)

・委任状(別住所の方が本人に代わり申請される場合)

・認印

お手続きが必要な場合は、事前に持ち物を必ず確認してから、お出かけになってください。

お電話でお問い合わせ、もしくは、市役所のホームページに記載されてます。

当院では、受付で保険証をお預かりして、受付登録がすべて終わったら、すぐにお返しします。

検査前には、必ずお返ししてます。保険証をお返ししたら、すぐになおさなきゃと思って、急いでくださる患者様がいらっしゃいます。

保険証は、とても大切なものなので、焦らずに、ゆっくりとなおしていただき、

後々、どこになおしたかかな?と、焦らないようにしていただければと思います。

最後になりましたが、季節の変わり目ですので、どうぞお身体を大切になさってください。

もうすぐ花粉の季節が到来
2022.1.27|ブログ

新しい年が始まって早くも1か月が過ぎようとしています。

今年の干支は「壬寅(みずのえとら)」。厳しい冬を乗り越えて、新しい成長が始まる年といわれています。

 

年明けからオミクロン株の影響でコロナ感染者数が急拡大しており、予断を許さない状況となっておりますが、

引き続きマスク、手洗い、アルコール消毒など予防を徹底して、無事に希望に満ちた春を迎えたいものです。

 

今回はその前にもうすぐやってくる花粉症の季節に目を向けたいと思います。

花粉症によって起こる目の症状で最も多いものが目のかゆみです。

かいたりこすったりするとさらにかゆみが増し、傷がつく原因になる場合もあります。

花粉による目の炎症は充血や目やにを引き起こします。さらに花粉を洗い流すために涙が大量に出ることもあります。

また目のかすみやまぶたの腫れなどの症状が出ることもあります。

 

コンタクトをしている方は花粉がレンズに付着して曇りの原因になったり、

ゴロゴロするなど異物感が出たり見え方にも影響が出たりします。

目に直接入れるコンタクトの使用は不快感だけでなく重度の疾患を引き起こす場合もあるため注意しましょう。

 

予防策としては、花粉メガネを使用したり、ソフトコンタクトレンズのユーザーは花粉の時期は毎日交換するワンデータイプがおすすめです。

花粉が付いたレンズを再びつけることなく毎日清潔な新しいレンズを装着できます。

対策を行って花粉の季節もコンタクトを安全に使用して下さい。

それでも不調や違和感がある場合は放置せず来院くださいますようお願いいたします。

 

スタッフ800

年末のご挨拶
2021.12.28|ブログ

2021年もあとわずかとなりました。

今年も院内でのマスク着用、手指消毒、ソーシャルディスタンスにご協力頂きまして有難うございました。

1年を振り返ってみますと、昨年よりは少しずつ人の活動範囲も広がり、

コロナワクチン接種が始まってからは社会全体の雰囲気も明るくなって来たように感じます。

私達は医療従事者として、早めにワクチン接種をさせて頂き、それまでの緊張状態から少し解放されました。

2回目のワクチン接種後、スタッフ数人が副作用で発熱してしまいましたが、無事に乗り切る事が出来ました。

57年ぶりの東京オリンピックも開催され、ソフトボールや野球の金メダルの瞬間をテレビで見ていて感激したことを思い出します。

まだ半年も経っていないのにだいぶ前の事の様に感じますね。

 

この年末年始、約2年ぶりに家族や、大切な人との再会を楽しみにしておられる方もいらっしゃると思います。
私達スタッフも、新年から、患者様に全力でお役に立てるよう有意義な時間にしたいと思っております。

 

年末年始は12/29((水)〜1/3(月)までお休み頂きます。1/4(火)から通常の診療を致します。

 

尚.1/10(月、祝)は診療致します。
診療時間    午前10:00〜13:00
午後15:00〜18:00
(いずれも受付は30分前まで)

穏やかな年末年始をお過ごし下さい。
スタッフ005

マスクとドライアイ
2021.11.30|ブログ

こんにちは。スタッフ411です。

2021年も残すところあと1か月となりました。

コロナ感染状況は、今のところ、日本では落ち着き、観光地や街の様子も元に戻りつつありますが

また変異型が出てきたというニュースが出てきて、一体いつまで続くのかという思いになります。

 

マスクもずっと外せない日々。。。

マスクが必要になってからは、

「マスクで眼鏡が曇るから、コンタクトにしたい」と来院される方が増えました。

呼吸するたびに眼鏡が曇るのは本当に煩わしいですよね。

マスクで肌荒れという話もよく聞きます。

 

それ以外に、マスクをすることでドライアイになるという報告があります。

ドライアイは、目の保護をしている涙の量が減ることによって起こります。

目がショボショボする・ゴロゴロする・まぶしいといった症状です。

 

マスク上部に隙間があると、隙間から息が目にあたり、涙が蒸発して乾いてしまいます。

マスクの付け方によってはドライアイになる可能性があるのです。

 

息が目に当たらないマスク(ワイヤー入り)の付け方

(眼鏡の方の曇り防止にも有効)

 

・ワイヤーが入っている上部を内側に折り、鼻に合わせる

➡内側に折ることで息が上がってくるのをブロックできる

 

・ワイヤーを鼻に合わせ、ワイヤーの両端を外側に折ってM字型にする

➡両端を曲げることで息が横に出ていく

 

・鼻部分がパッド入りのマスクを使う

➡効果ありだが値段が高い

 

ドライアイが気になる方はお試し頂けたらと思います。

 

また、寒い時期ですので、空気の乾燥・エアコンの影響でもドライアイは起こります。

気になる症状がありましたら当クリニックまでご相談ください。

 

早くマスクなしで笑顔を見せ合える日々が来ますように。

世界初! アレルギー抑制効果が期待されるコンタクト!
2021.10.22|ブログ

10月も半ばを過ぎて急に秋らしく肌寒い季節となりました。
コロナの感染状況はやや落ち着いているようですが、引き続き基本的な感染予防対策は怠らずに

出来る範囲でこれから訪れる晩秋を楽しめたらいいなと思っています。

 

さて、先日、J&J様から新しく発売される「ワンデーアキュビュー セラビジョン アレルケア」という

コンタクトレンズの勉強会に参加して参りました。

抗アレルギー点眼薬として市販されている「ケトチフェン」(ザジテン)を配合した世界初のコンタクト!
コンタクトを装用するだけで抗アレルギー薬が目に届く画期的で注目のレンズです。
レンズの素材、規格は従来の1Dayアキュビュー モイストと同様。
装用後15分かけてレンズに含まれた薬剤が瞳に浸透し、その後5時間かけて残りの薬剤が全て滲み出します。
治験では装用後15分で痒みの抑制が認められ12時間後もその効果は持続していたとの結果が出ていました。
またこのレンズを装用することでの有害事象の発現率は低く、

発現した有害事象のほとんどは軽度のため安全性の観点からも

このレンズ装用者のアレルギー性結膜炎に伴う目の痒み等の症状緩和に有用であると考えられるとのことでした。

あくまでもアレルギーを抑制することを目的として使用するレンズのため、

痒みが強く出てからはレンズの装用自体が目の刺激となるのでお勧め出来ません。
症状が出る前から使用していただくのがベストです。

 

来春の花粉症対策の一つとしてご検討されてみては如何でしょうか?
薬剤使用のため、医師の処方がないと購入は出来ないので、ネットで出回ることはなく

安心して使用出来るレンズだと思います。
トライアルレンズをご用意しておりますので、気になられた方はお気軽にスタッフまでお声がけ下さいね。

 

私も花粉症に備えて来年1月から装用を開始しようと計画しています。
その頃には目がクシャクシャ痒くならず、
更にはコロナも終息して…久しぶりに大勢でワイワイやったり、

遠方にお出かけ出来たりと明るい未来を描いています!
その前に寒い冬がやって来ますね。
必ず春が来る!そう思って、
美味しいものをいただいて体調には気をつけてお過ごし下さい。

スタッフ310

体の時間について
2021.10.1|ブログ

みなさん、こんにちは。院長の内田です。

突然ですが、体も約24時間のサイクルで地球と一緒に時を刻んでいる事、ご存じでしょうか。

体の全ての細胞には、時計遺伝子という遺伝子があり、

地球に合わせて約24時間でタンパク質を作っては分解して1日の時を刻んでいるのです。

そして、全身の細胞のサイクルを同期させて一致させている細胞が、

古い脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)という部分にあります。

視交叉上核の細胞は、どうやって体外の朝夕のサイクルを確認しているのでしょうか?

 

そこで活躍するのが、眼球の網膜というところにある “メラノプシン含有神経節細胞” という細胞なのです。

網膜で色を見分けている細胞は視細胞といい、色情報はバトンタッチで脳の視覚野へと伝えられます。

しかし、“メラノプシン含有神経節細胞”は色を見分けても、視覚とは無関係で、

その情報(光量による刺激の強弱)は時間情報として視交叉上核へと伝えられるのです。

ちなみに、“メラノプシン含有神経節細胞” は、太陽光のブルーライト成分にだけ反応して、

その光量を視交叉上核に送信しています。

朝からお昼にかけてしっかりブルーライトの刺激を受けると、“メラノプシン含有神経節細胞”を介して、

視交叉上核は午前中だ。。。と判断ます。すると視交叉上核ではメラトニンというタンパク質の生成を抑えます

そして、ブルーライトが減る午後2時以降くらいからは“メラノプシン含有神経節細胞”を介して、

視交叉上核は午後だ。。。と判断します。

すると視交叉上核ではメラトニンというタンパク質の生成を開始します

そして、いざ睡眠時には、そのメラトニンが分泌されて全身を巡り、色んなホルモンの量を調整して、

全身の調子を整えてくれるのです。

 

現代の生活はブルーライトの量が多いデバイスに朝夕関係なく囲まれており、

体の時計を狂わせる原因になり得ます。夕方になったら、デジタル画面の輝度を下げる、などの対策も必要です。

よく耳にした、昼は外でよく遊んで、夜は遅くまでテレビやゲームをしないように。

という昔からの注意はホルモン的に、実に正しいのですね。

 

白内障になると、日中のブルーライトの量が減ってしまい、体のサイクルがずれてしまう場合があります。

白内障の手術でブルーライトの量にメリハリがつき、睡眠の質や、認知機能を上げるという報告が多々されています。

眼鏡を替えても、どうしても焦点が合わない、などという症状がありましたら、

眼精疲労だけでなく、体も疲れているかもしれません。是非ご相談くださいね。

コンタクトレンズを使うにあたって
2021.8.27|ブログ

皆様 こんにちは スタッフ319です。
夏の疲れが出やすいころとなりましたが、体調などお変わりはございませんか?

 

今回はコンタクトを使う上で守ってほしい事と起こりやすいトラブルについてお伝えしたいと思います。

コンタクト処方の検査をしていると、2weekコンタクトを2週間以上使っている方や、
コンタクトの洗浄を怠っているなど危険な使い方をしてる方がチラホラいらっしゃいます。

 

コンタクトの使用期間は必ず守って下さい。
・1dayタイプは1日のみ!
・2weekタイプ、1ヶ月タイプは開けてからの2週間、1ヶ月です。

使ってない日があっても2週間、1ヶ月の内に含まれます!

1day以外のコンタクトは毎回お手入れしてください。
・コンタクトの洗浄ケースのお手入れや買い替えもお忘れなく!

 

正しいケアや使用方法を怠ることで、以下の症状が出てくるかもしれません。
例えば、コンタクトレンズに付着した汚れなどが原因で、眼の充血や痛み、そして涙が出てきて、

角膜を保護する上皮という部分がはがれ落ちてしまったり、
異物感や充血、粘度の高い白い目脂など、瞼の裏がただれてしまったりなど、
眼の疾病や感染症が引き起こされる可能性があります。

 

症状がひどい場合は、コンタクトの処方ができなかったり使用中止になる事も。
この時、眼鏡を持ってないと生活するのに困りますので、眼鏡がない方は、眼鏡作成を強くお勧め致します!!
また眼鏡をお持ちでも度数が合ってない場合もありますので、一度確認してみて下さいね。
自覚症状がなくても、トラブルが起こっている場合もありますので、

コンタクトお使いの方は3ヶ月に一度、定期検査の受診をお願い致します。

« 前のページへ

〒630-0251 奈良県生駒市谷田町1600
近鉄百貨店生駒店(アントレ生駒)6F(MAP

TEL:0743-75-6704

診療時間

土・日・祝の午後診療は18:00まで